居宅介護支援事業

介護保険を利用するためには、事業所もしくは病院等に属するケアマネージャーに
ケアプランの作成を依頼する必要があります。
一般的にはケアマネージャーなしで、介護サービスを受けることはできません。

ケアマネージャーとは?

介護が必要な方に、その人に必要な介護サービスを考え、ケアプランを作成し、
サービス事業所の手配、事業所・市町村・家族等との調整、その後のアフターケアを行う人のことです。

介護保険の新規申請代行・更新手続き代行も行い、介護が必要な方がスムーズに介護を受けることが
できるためのお手伝いを致します。

介護保険のことを詳しくお知りになりたい方や、介護保険を利用されたい方は、ケアプランセンターや
居宅介護支援事業所、と名前のつく事業所にお問い合わせ下さい。
ケアマネージャーが対応できる事業所になります。

また、ケアプラン作成にかかる全ての費用は保険者(国・市町村)負担となり、
利用者様負担はございません。もちろんご相談のみの場合でも無料です。

介護保険利用の流れ

1.お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。分かりやすくご説明させていただきます。

2.ヒアリング

お住まいの各市区町村へ、要介護認定の申請を行います。
ご本人またはご家族の方が直接申請することもできますが、
ケアマネージャーが申請を代行することもできます。

3.介護度の決定

介護度は、主治医の意見書・認定調査内容等を勘案し、市町村が決定します。
区分は、要支援1・2 要介護1・2・3・4・5まであります。
要支援1が一番軽度な区分で、左から右へ順に要介護5が一番重度な区分になります。
介護度によっては利用できない介護サービスもあります。

4.ケアマネージャーによる課題分析

どのサービスが必要かを分析、その人に合った介護サービスの選定。

5.ケアマネージャーによるサービス事業所の手配

あくまで利用者様本位の介護保険です。ご希望のサービス事業所をお選び頂けます。
事業所の情報を詳しくお知りになりたい場合は、情報公開サービスなどご活用下さい。

6.サービス事業所による介護サービスの提供

在宅介護サービスを開始いたします。

7.ケアマネージャーによるアフターケア

要介護1~5の方に関しては、毎月ケアマネージャーがご自宅を訪問いたします。
その際に“現在のサービスでお困りのことはないか”を毎月ヒアリングいたします。

PAGE TOP